FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09.12 (Wed)

0912 

亀梨和也と田中聖が本気ボクシング対決



 KAT-TUNの亀梨和也と田中聖、M.A.の屋良朝幸が主演する舞台『ドリームボーイズ』が5日(水)より東京・帝国劇場で開幕し、連日ファンを熱狂の渦に巻き込んでいる。

 夢を追い求める若者3人の“絆”を描く本作。今回は田中が亀梨のライバルにあたるボクシングのチャンプを演じ、一幕のクライマックスでは2人によるボクシング対決も行われる。「(亀梨のパンチが)今日もボディに2発くらい入った」と田中が言うほど、白熱のガチンコ対決が見もの。3人とも「怪我をしたことに気づかず、家で気づく」と生傷が絶えないという。

 注目のフライングシーンでは、今回も亀梨が全編を通じて帝劇狭しと縦横無尽に飛び回る。上空15メートルの客席上空で綱渡りや空中ブランコ、ロープパフォーマンス、空中衣装早替り、高速20回転など『ドリームボーイズ』史上最多の14回、トータルで15分間のフライングシーンを魅せる。「元々ジェットコースターとかも乗れないタイプだったのに…フライングの稽古も3日間くらいしかできなかったのですが、頑張ってます。ものすごく汗をかくので、一日5回シャワー浴びてます」。田中も「(亀梨が)こんなにできるとは思いませんでした」と飛びっぷりに舌を巻く。

 そのフライングについて亀梨は「ロープの長さを今までよりも少し長くしているので、客席にぶつかるかと思うくらい近くまで行きます」と解説。ジャニーズアーティストのコンサートといえば、アリーナクラスやドームといった巨大な会場が多いが、帝劇では本当に目の前まで、手を伸ばせば届く近さで華麗なフライングと演技を目の当たりにできる。

 04年に滝沢秀明主演での初演以来、全公演に出演してきた亀梨と田中の今回の舞台にかける意気込みは相当なもので「稽古時間よりも打合せ時間の方が長かった」と田中は準備期間を振り返った。

 今回もチケットは即日全公演完売、来年3月には再演が早くも決定。「聞いてなかったのでビックリです。でも俺のポジションはどうなるんでしょうか」と屋良が苦笑すれば、田中も「俺も聞いてなかったけど嬉しいです。来年はチャンプ役が中丸(雄一=KAT-TUN)に変わってるかも」。ただし「もしチャンプが中丸だったら俺、挑戦断るけど」と笑いを誘っていた。


スポンサーサイト
EDIT |  23:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。