FC2ブログ

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.12.12 (Wed)

1212 

亀梨は根性なし?約1年ぶり連ドラ主演でプロボクサー役挑戦
 人気グループ、KAT-TUNの亀梨和也(21)が来年1月スタートの日本テレビ系「1ポンドの福音」(土曜後9・0)に主演することが4日、分かった。高橋留美子さんの人気コミックのドラマ化で、根性なしのボクサーと修道院のシスターの青春ラブコメディー。連ドラ主演が約1年ぶりとなる亀梨は、根性なしのボクサー役に挑み「笑って泣ける、心が温まるような作品をチームの皆で目指していきます」と燃えている。





 高校生、アルバイト、修理工場の息子…。ドラマで数々の役柄を好演してきた亀梨が、根性なしボクサーという新たなキャラクターに挑む。

 「1ポンド-」は、小学館ヤングサンデーに連載されていた高橋留美子さんの同名コミックが原作。愛と努力をテーマに、減量できない根性なしのプロボクサーと、世間知らずな修道院の新米シスターとの青春ラブコメディーだ。亀梨はそのボクサー、畑中耕作を演じる。

 亀梨にとって、昨年放送の日本テレビ系「たったひとつの恋」以来の約1年ぶりの連ドラ主演。ドラマでは毎回、ボクシングの試合のシーンが盛り込まれる。これまで主演舞台「ドリームボーイズ」でボクシング対決の場面を演じたことはある亀梨だが、今回はジムに通い、トレーナーについてトレーニングを積み、役作りに励んでいる。

 それもドラマにかける意気込みの表れ。亀梨は「今回の作品は僕にとって挑戦。撮影に入るのが楽しみでワクワクしています。ボクサー役なのでボクシングの基礎をしっかりたたき込んで、これから始まるボクシングライフを1ラウンド1ラウンド全うし、楽しみながら畑中耕作を演じたい」と話す。

 もう一つの見どころは「根性なし」というコミカルな役柄をどう演じるか。日本テレビの河野英裕プロデューサーは「いままで彼はどちらかというと影がありカッコイイ役が多かった。完全なコメディーは初めてだと思う。彼のもう一つの最大の魅力は笑顔。その笑顔がたっぷりと見られ、いままで見たことのない新しい彼のキャラクターが作りあげられると思う」と“ニュー亀梨”の誕生を約束した。

 「笑って泣ける、そして心が温まるような作品をチームの皆で目指していきます」と亀梨。新春、どんな“リングパフォーマンス”で視聴者をノックアウトするのか、注目だ。

スポンサーサイト
EDIT |  23:45 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。